この数日で一気に秋が深まり冬へ移り変わって来ましたね。
3つ前の投稿で“ぼちぼち暖房開始時期?”という内容でお話ししましたが、あしづかホームのコンセプトハウスでも11月15日から暖房を開始しました。ちょうど、その日の朝に外気が結構下がり室温が20℃を下回ったのでエアコンを入れました。


もう既に、ご存知の方もおられるかと思いますがコンセプトハウスでは1台のエアコンで全館空調をしております。エアコンを入れ始めて3月ごろまで切ることはありません。
設定温度21度、風量は微風というかなり弱い設定です。
恐らく今までの日本の家では寒さを凌ぐのが完全に無理なレベルの弱いエアコン設定です。
しかし、断熱・気密が一定基準を超える性能であれば、十分に暖かく心地よい空間になります。こればかりは、実際に体感してみないとホントに分からない感覚で、普段、設計や施工業務に携わっている方達でも、ご存知のケースは、ほんの一握りになるのかなと思います。
それでも数年前から比べると、その一握りがかなり増えてきているので、これから新築を建てる方で住宅会社を探されるエンドユーザーさんは、ぜひ、その一握りの会社で見学し体感した後に会社選定してください。
これからの数か月は、どんどん外気が下がり、まさにその真価が問える時期になりますので、未だ半信半疑の方は、ぜひ、チャレンジしてみてください。全く知らなかった人は多分考え方が変わると思います。
尚、あしづかホームでもコンセプトハウス見学12/8(日)に京都宇治田原パッシブハウスの完成見学会もございますので、ぜひこの機会に体感してください。
今年も残すところ1か月余りとなりました。12月で、この「エコハウスを少し語る」を初めて丸1年経過します。あっという間の1年ではありましたが、よく1年間続けられたなと自分自身少し意外な感じもしております。多分、2年目も継続すると思いますので引き続き宜しくお願い致します。

蘆塚