コロナ禍となってから8か月ぐらいになるのでしょうか?

皆様の生活や仕事の環境は、今年のお正月ごろには考えてもみない状況に変化していると思います。

その間、色々な物事の価値観も変化していき住宅(居住空間)には以前よりも求めるものが増えたのではないでしょうか。

今までよりもお家で過ごす時間が増え、次のようなことがあげられると思います。

温熱的な快適性、隣家等騒音の気にならない静粛性、そしてテレワーク増加による仕事をするスペースの確保という風に他にもさまざまな要望はあるでしょう。

中でも、あしづかホームで建てられるお客様にはコロナ禍になる以前からではありますが、書斎スペースを望む方は結構高い割合でおられます。

そして、実際に活用されて“つくっておいて良かった!”というお声もうかがいます。

実際のところ、高性能エコハウスのように温熱環境が良い空間で仕事ができるならば、わざわざ通勤、帰宅で労力を使い、又、自宅よりも温熱環境が悪い職場で仕事をするよりも絶対的にストレスなく生きていけるワケですよね。

何よりも移動時間が要らない分、時間の余裕もできますし...

 

そう考えるとデスクワーク中心の場合は、これから書斎スペースは必須になるかもしれませんね。

それもオンラインミーティングが結構あったりすると背景がダサいとどうしようとかも気になったりするので、ここは設計段階でしっかりと考えていく必要があると思います。

 

コロナで変化してしまった生活スタイルは、ポジティブにとらえると今までは色々と無駄が多かったのかもしれませんし、未来を見つめ直すきっかけなのかもしれません。

しかし、何よりも早期の終息を願います。

 

蘆塚