11月も後半に入っておりますが、今年はかなり暖かい日が続きますね。

ただし、朝晩は気温が少し下がるので暖房運転の扱いが難しいかもしれません。

同じエリアであっても建物の立地条件(向き)によって日射取得量も異なりますし、人によっての体感も異なるので一斉に「はい、今日から暖房入れましょう!」みたいな事にはならないとは思います。

では、何を目安に暖房運転を開始するのか?判断基準は?となるのですが、昨年の同じ時期にも同じ話題を書かせては頂いておりますが改めて整理してみます。

あしづかホームのコンセプトハウスで考えると、基本的には無暖房状態で20℃を下回ったら、暖房運転開始としております。コンセプトハウスは立地条件的に南側の日射取得があまり良くない為、例年11月前半から運転開始する事が多いです。

運転設定は、温度が21℃で風量は一番小さく連続運転します。この設定はエアコンを切る時期までずっと同じです。でも、設定は住み方の違いや体感の違いで、人によって変わると思います。

実際に、あしづかホームで建てさせて頂いたエコハウスにお住いのお客様にお尋ねすると設定温度が20℃の方も居られれば22℃の方も居られます。又、運転時間も夜間だけの方も居られれば、コンセプトハウス同様に連続運転のケースもございます。

南側の日射取得条件が良いお家ですと、11月末や12月でも無暖房で快適に暮らす事は可能ですし、家族の人数や在宅時間でもそれは変化します。

高性能エコハウスの住まい方として、何が正しい?は無いので、住人の方が快適にすごせる設定や運転方法を実際に生活しながら見つけて頂くのが良いとは考えております。

いずれに致しましても、特にこれからの寒い季節は建物性能がその真価を発揮してくれると思いますので、朝の布団から出やすかったり、トイレやお風呂でも寒い思いをせずに暮らしていただける事になるでしょう。

 

次回、もう少し空調について書かせて頂きますのでよろしくお願いします。

 

蘆塚